コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

8年を経ての、step upのはじまり!

先週に続き、今週は、いろいろありました。本当に、いろいろありました…。

前回の記事の危機が「起・承・転」だとすると、今回はひとまずの「結」。

大きな進展です。
なんと、彼がADHDの薬を飲むことを受け入れてくれました!!(>_<)
出会った頃から、8年の紆余曲折を経て、ここに辿り着きました。

いろいろ、本当にいろいろあって、自分のストレスや心の悲鳴が、私のからだにも出てしまったりして。
先日、私たちの主治医の先生に、急遽予約をお願いして、私が1人で受診し、相談して助けを求めました。
診察の中で先生から出てきたことばで、彼について「ADHDだろうね」と言ってもらえたことが、私には非常に大きなできごと。頭にもからだにも、その瞬間に衝撃が走ったくらいに。スッと、憑き物がおちたような…。
これまでずっと、発達障害の多少の知識がある友人知人と私自身がその可能性を感じることを除き、こうして特に専門医から、診断が始まることは、なかったので。親しい共通の友人たちも、何か起こるたびに、彼に直接、「あなたはADHDみたいだから医者にかかったほうがいい」とは、とても言えなかった。火に油を注ぐような状態だったから。

彼の、過度のストレス(きっかけは引っ越しを伴う転職)からの不眠をきっかけに説得を続け、彼本人が私と一緒に専門医(同じ先生)を受診し始めてくれたことが、最初の大きな一歩。
そうしてふたりで通院を続け、交互に先生に呼ばれてそれぞれ診察を受け……先生いわく、言うことがふたりとも全然違うと(^^;

今週末、ふたりでクリニックを受診しました。
1人で受診したときの私のことば、気持ち、意見を、先生はおそらくかなりの骨を折りながら、でも彼にきちんと伝えてくれたそうです。
そして、同じ出来事に関するものでも、彼には彼の言い分がある
でもそれでも、先生の懸命な説得を通じて、彼はかなりの譲歩をして、ADHDの処方薬の内服を受け入れてくれたそうです。

私も、これで解決だ、とはもちろん思っていません。
薬で「治る」ものではないので。
でも彼とのこの8年を思うと、本当に、本当に、世界が変わり始めるような、大きなstep upに感じて…。

薬が彼に、どのように影響していくか。
嬉しい効果はもちろん期待しますが、特に飲み始めは、副作用の心配があります。

でも何より。
非常に大きな一歩を、踏み出すことができました。
さて、また改めて、これから、です。
がんばっていこうと思います…!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
感謝の芽 :)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
国際恋愛(北米)サイトさま
検索フォーム


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ランキングはこちらをクリック!







ホームページ

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。