コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「ガイジン」って呼んでもいいの?

あくまでも、日本に住んでいて「外国人」とみなされているひとたちのことについてお答えすると、とりあえず「外国人」と呼んでおいたほうが、怒られません。(笑) そもそも「外人(ガイジン)」という言葉は、皆さんが「外国人」の略語としてもご存知の通り、また漢字が表しているように、日本という「ウチ」からみて「ソトのひと」のことを表しています。誰でも初めから「よそ者」として扱われたら、悲しい気持ちになったりしますよね

私の周りの外国人は「ガイジン」と呼ばれたらどのような反応をするか、「日本マニア度」のレベルに分けて、ご紹介しましょう。

●初心者未満(日本に興味がないひと) →まったく気にしない。
そもそも日本語が本当にわからないため、言葉だけで「ガイジン」と呼ばれても何を言われても、そこに何らかの負の感情を伴うように感じられない限り、何を言われても気にしません。

初心者~やや中級者→非常に気にする。
よく耳にする日本語の単語は何となく知っているため、人によっては、「ガイジン」と呼ばれると、とっさに仲間はずれにされたと感じます。おそらく、近年の日本に滞在している外国人のほとんどがこのタイプなのではないでしょうか

●中級者~上級者→怒らない。
彼らの場合は、もはや諦めています。(笑) 日本の言葉も文化もかなり知っているので、もう「ガイジン」と呼ばれることに慣れてしまい、何も言い返さずにそのまま許してくれます

達人(もしくはちょっと面白いひと)→気にしない。むしろ自分で使ったりする。
達人のレベルまでくると、もはや開き直って、自分で自分のことをまず「ガイジン」と呼び始めたり、まるで日本人のように普通の会話の中で、「ガイジンってさ~」と語ったりします。しかし、こういうひとは、日本ではまだ珍しいと思ったほうがよいでしょう。(笑)

そんなわけで、とりあえず相手の外国人の日本に対する理解度によるのですが、もし日本で外国人を相手に何らかの接する機会があったら、まずは「ガイジン」ではなく、「外国人」という言葉を使っていくように心がけることから始めるようをお勧めします。^^
関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
感謝の芽 :)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
国際恋愛(北米)サイトさま
検索フォーム


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ランキングはこちらをクリック!







ホームページ

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。