コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

結婚式と披露宴における文化の違い part.2

前回は,主にドレスやブーケの値段の違いなどについて書いたのですが,今日は肝心要の披露宴について,日本とはずいぶん違うなぁと思ったことを書こうかと思います。

日本では,結婚式と披露宴が1セットになっているイメージがあります。専門業者に頼んで,敷地内のチャペルで式を挙げて,すべてが準備された披露宴会場に移動して,料理が運ばれてきたり,専門の司会のひとがいたり。
カナダ全土がどうかはわかりませんが,ケベックでは,そんな豪勢な披露宴ではありません。本物の教会で結婚式を挙げた後,場所を完全に移動して,手作り感覚の披露宴(パーティ)を行うのです。

披露宴

こんな感じで,ホテルやレストランでもなく,自分たちでパーティをするために借りられる場所がたくさんあり,セッティングも自分たちで好きなようにあらかじめ行って,最後は皆でキレイに片付けて終了といった感じです。

食べ物なども,バイキング形式で自分たちで用意しておいたり,ケータリングフードを人数分発注しておいたりなど,さまざまな工夫を凝らし,安上がりに楽しめるように企画されます。

披露宴

そんな感じで,結婚式そのものにも,披露宴にも巨額のお金はかかっていないので,日本と違って,ご祝儀の額は本当にほんの気持ちで,ケタ違いに低いのが普通で,むしろ披露宴のパーティはあらかじめ指定された会費制です。なので,呼ばれるほうとしてもとても気が楽でした。

ただし,やはり格式ばった日本式のいわゆる披露宴と違い,あくまでもパーティな感じなので,食事の後は皆でダンスを踊ったり,ロックバンド形式のゲームをやって盛り上がったりなどするので,壁の花にならないように要注意,といったところでしょうか(^^;
関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
感謝の芽 :)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
国際恋愛(北米)サイトさま
検索フォーム


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ランキングはこちらをクリック!







ホームページ

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。