コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

モントリオールでのパーティ

日本語で、「壁の花」という表現があります。初めて私がカナダのモントリオールでホームパーティに呼ばれたときは、まさにそれでした。フランス語がわからないし、わざわざ使えない英語をがんばって使おうとしてまで知らない人間とコミュニケーションを取ろうと寄ってきてくれるひともいるはずはなく。基本的に海外のパーティでは、待っていてもダメで、自分から声をかけていかないといけません。
彼は彼で、もう友達ととにかく楽しんでいるので、いつもそこに引っ付いていて邪魔をするのも何だか変だし、申し訳ないような気持ちになって、結局初めのころは、一人になってしまう瞬間が多かったです。本当に、言語はコミュニケーションのために必要なスキルだと思いました。

そんな中、一人、私を会話に混ぜるきっかけをつくろうとしてくれた優しい友人がいました。偶然もあり、彼女は面白い方法で私を輪の中に入れてくれました。
そのパーティに、赤ちゃんを連れてきていたひとがいたのです。赤ちゃんの抱き方を教えてくれて(私はまだ本当に抱いたことがなかったのです)、私が赤ちゃんを抱いている間、ゆっくり少しずつ、周りのひとたちが英語を使おうとし始めてくれました。ずっと本当に寂しかったので、とても嬉しかったです。やっと、パーティで寂しい・怖いだけではなく、笑顔が出始めたのは、この瞬間からでしょうか。下は、そのときの写真です。赤ちゃんって、本当に、天使ですね。^^

赤ちゃんといっしょ


関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

壁の花っていう表現があったんだね。知らなかった!私は英語だと問題はないのだけど(自分も話すのが好きだし^^)、仏語だとどうしても駄目だね。今では練習も兼ねて、必死に分かるように努力してるから前ほどは気にならなくなったけど、前は辛かった時があったなぁ・・・パーティーの帰りにお大泣きしたこともあったもん。今では、旦那も友達も前より大分気遣ってくれるし(笑)、私もその状況に慣れつつあるからなんとかしのいでるけど・・・でもケベコワファミリーとの集まりはまだ苦手かな~。こちらも前と比べればすごい進歩したけど。
イタリア系ファミリーはみんな英語を話すから私は居心地がいいんだけどね^^

すごいな~Misoさん

私はそもそもパーティが苦手なんだよね(^^; 大人数でわいわいするよりは,少人数でまったりきちんと話すほうが好きだから。
あとは,私が連れて行かれたパーティは,皆フランス語しか話さない人たちの集まりばかりだったし,肝心の彼が気遣ってくれなかったから(笑)つらかったな…;;英語のパーティって行ったことないんだ。行けば私も少しは成長できるかなぁ;;
すごいね,フランス語が本当にめきめき上達しているね!!Misoさんがまぶしいよ~!!私,何にも本当に進歩できてないや;;できることを,ゆっくりがんばるね~;;

はじめまして

はじめまして!偶然mioさんのブログを見つけ、日曜日の朝に過去の日記も拝見させていただいています。
パーティーでの「壁の花」の記事を読んで、私も以前同じ状況になったな~と思い出しました。
私も海外で知り合いにパーティーに連れて行ってもらったことが何度かありました。が、パーティー慣れしていない日本人なので、人の輪になかなか入っていけず…。気づいたら1人、という状況でした。
パーティーで1人って、かなり悲しく「早く帰りたい…」とばかり思っていました。
本当にパーティーって苦手、と思いつつも誘われると断れず…(悪循環)

そんな中、あるパーティーで寂しい思いをしていた私の話し相手になってくれたのが、
小さな子どもを連れた若いお母さんでした。
悲しい思いをしている中で、話しかけてくれると本当に嬉しいものですよね。
特に無邪気な子どもや赤ちゃんには笑顔になります。

海外の文化の中での生活って、ストレスな事もありますよね。
(私にとっては大人数のパーティーが何よりもストレスでした…)

mioさんのブログを見ていると、mioさんのポジティブな言葉に元気をもらえます!
これからも楽しみにしています。

初めまして^^

初めまして,mayさん。初めての方からこんなふうにコメントをいただけて,とても嬉しいです^^ 過去の記事も読んでくださっているようで,大変励みになります。本当にありがとうございます^^

そうなんですよね,なかなかパーティ慣れしていない日本人にとっては,海外のパーティって寂しい気持ちになる場合が多かったりするんですよね。話の輪に入っていけなくて,皆が楽しそうに笑いあっている中,自然とぽつんと一人になってしまって,「早く帰りたい」って私も思ったことがあります。それなら最初から参加しなければいいんですが,やっぱり断りにくかったり,あちらではパーティがごく普通の習慣であったりするので,難しいところですよね。
私もケベックに滞在していたときは,パーティという習慣はストレスで,慣れていくまでは悩みの種でした。mayさんのお気持ち,すごくわかります。

私のほうこそ,こうしてコメントという形で反応と応援をいただけて,とても感謝しています。つたないブログですが,この場所がmayさんにとって少しでも元気のきっかけになっているようでしたら,本当に嬉しいです^^ 私もmayさんから続ける元気をいただいたので,がんばっていこうと思います。今後とも宜しくお願いします。書き込みありがとうございました^^
FC2プロフ
感謝の芽 :)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
国際恋愛(北米)サイトさま
検索フォーム


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ランキングはこちらをクリック!







ホームページ

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。