コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「あなたは~したいですか?」と訊いちゃう英語

外国人な彼と付き合い始める前,いえ知り合った直後にその正体不明な外国人からもらった日本語のメールで,びっくりしたのがこの表現です。

「mioは僕とカラオケに行きたいですか?」

つまり,2度目に会う機会として,友人と一緒に集まるカラオケパーティへのお誘いのメールだったのですが。
普通な日本的な考え方だと,パーティというか飲み会などのお誘いも,「いらっしゃいますか?」とか「予定はどうでしょうか?」,親しい間柄でも「この日は来れそうですか?」とか,【行く意志】よりも来れるかどうか,少し遠まわしな立場から【意志も含めて確認するように訊く】と思うのです。
なので,まだ正体不明な外国人の彼にいきなりこう訊かれ,当時は本当にびっくりしました(^^;

とてもカジュアルな友人同士の英会話では,「Wanna come to the party?」(パーティ来たい?)と訊くこともあるので,確かにそれを直訳すれば,「mioはパーティに来たい/行きたいですか?」となるのは理解はできるのですが,ずいぶんと言葉によって積極性が異なるなと思ったものです。

ここに,日本人的にあいまいなNOのスタンスで答えようとすると,私たちの間ではややこしいことが起こります。例えばこんな感じで。

Keshu 「mioはパーティに行きたいですか?」
mio   「う~ん,今日は残業があるから……」 ←日本人的あいまいな断り。
Keshu 「じゃあ終わったら大丈夫だよね。後から来れるよね?」
mio   「でもかなり遅くなりそうなんだよね,残念だけど……」
Keshu 「だから,mioはパーティに来たいの?来たくないの?」 ←mioの意志がはっきりしないから,だんだんイライラしてくる。

……このように,他の国際カップルさんはどうかわかりませんが,YESを前提とした究極のポジティブな質問形には,腰の重い私にはなかなか慣れることが難しかったです。結果としては本当は行きたくないのに,自分で「mioは行きたい」って言うことになったことも正直たびたびありました。(笑)

あまりに積極性が強すぎてもどうかとは思いますが,控えめすぎるところが多かったりする日本人は,時と場合によっては,多少の積極性を学んでいってもいいかもしれませんね。^^
関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2プロフ
感謝の芽 :)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
国際恋愛(北米)サイトさま
検索フォーム


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ランキングはこちらをクリック!







ホームページ

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。