コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

日本で花粉症デビューの彼。病院事情もカナダと日本では異なるなと、改めて感じる日々…

さてさて、あっという間に3月です。
春の訪れ。それすなわち、花粉症に悩まされるシーズンでもあります。

私自身は、だいたい1月下旬から春の花粉症を感じ始めます。かなり酷いので、ずっと前に係りつけの内科でパッチテストだけでなく、きちんとどれに反応するのか、血液検査をしてもらったことがあります。
結果、いわゆるハウスダストの他に、春も秋も、とにかく1年を通して、私は一通りの花粉に大反応することがわかりました(^^;

彼のほうはどうかというと、ハウスダストと猫に対するアレルギー反応はもともとあったのですが、日本に来てから2回目の春だったでしょうか。ついに日本の洗礼、彼もスギをメインとした花粉症デビューをしています

彼の母国カナダですと、例えば私が1年ほどモントリオールに住んでいたころは、そうした花粉に対するアレルギー反応が、ものすごく減っていた気がします。日本のような湿気がなく、個人的に喉を中心とした乾燥については対策が必要でしたが、これまでほぼ1年中を通して日本で花粉アレルギーに苦しんでいたので、カナダは気候に慣れれば、そうした嬉しい面もありました。
……もっとも、冬のマイナス30℃とかは、呼吸をすると鼻の中の水分が凍るという、これまた人生初の体験でしたけれども
でも逆にそれが、どこかで寒いと感じるときに、「いやいや、あのときに比べれば…」という、ちょっと極端な比較対象の経験にもなりました。

特にスギ花粉、ヒノキ花粉のアレルギーを持つ方々が日本に多いのは、実は日本の歴史的な背景からの問題があったりします。
第二次大戦後、木材の需要が非常に高まりましたが、国内での供給がとても間に合う状態ではなかった。そこで日本政府、農林水産省は、植えれば樹木の成長が早く、木材として使える質も良いスギとヒノキを、大量に植林したのです。
結果、これまでの自然の流れに反する環境を生み出すこととなり、自然に反した大量の植林により、大量のスギ花粉が散布されるようになってしまい、スギ花粉アレルギーを発症する日本人が増発したと。その後も、こうして植林された数多くのスギやヒノキが伐採されることが進まないままだったり、他にもいろいろと推測される原因があるようで、日本人の花粉症についての問題は、なかなか難しいところです…。

ご興味をもたれた方は、私も誤ったことを書かないようにと参考にさせていただいたのですが、Wikipediaにもっといろいろ、スギ花粉や、花粉症の原因や背景について書かれています。
「スギ花粉症 原因」

ぼーっと、芋づる式にWikipediaを漂うのが好きな私です。紙媒体の百科事典への思い入れもありますが、本当に便利な世の中になりました。

そういえば、カナダではアレルギーの薬も、他いろいろとお薬事情が、ありがたかった…。
病院の処方箋なしに、ドラッグストアでインフルエンザを治してしまう薬まで買えてしまうという、医療文化の違いです。
そしてどんな薬にしても、日本の市販品と比べたら、非常に効力が強い。例えば大人は1回2錠という風邪薬でも、1錠でびっくりするくらい充分に効きました。

外国人が現地(しかも私の場合はフランス語が全く話せないのに、カナダのフランス語圏)の病院に通院するのは、運・不運もあるかと思いますが、私はいろいろ大変な経験をしました。ケベック州の健康保険証がない外国人というだけで、まずは必ず、何度も何度も受付で門前払い…。
通院が必要になった場合には、必ず彼にフランス語で非常に根気強く負けない姿勢で(病院の受付関係者が手続きができない&英語がわからないと主張するだけで、海外旅行保険の会社にも事前に訊いて、受け入れ可能なことはわかっていたので)交渉を続けてもらって、何とか受診が可能になって。
病院に入って受付で彼に交渉を続けてもらって、40℃近い発熱をして座っているのも難しい状態のまま、とにかく待たされて待たされて……全て終わり処方薬をもらうまで、7~8時間かかったことも……。

思い起こすと、カナダ全土がどうかはわかりませんが、私がケベック州で、モントリオールで住んでいたエリアでは、日本のように内科・外科・眼科・皮膚科・胃腸科などなど、そうした専門別にわかれたお医者さんのクリニックがありませんでした。
これ、とっても驚いたものです。1つの大きめなクリニックに、何人かの医師が勤務をしていて、何でも診るのです。それで手におえなかったら、日本で言う総合病院のような大きなクリニックを紹介されました。

……ああ、そういえばもう1つ、びっくりしたことが。クリニックの体制や、お医者さんたちの個々のパーソナリティにもよるかもしれませんし、これは文化の違いが非常に大きいと思いますが、皆さま、がっつりばっちりランチなどの休憩の時間は確保なさっている傾向でした。
なので、例えば午前中に開院する時間に行っても、まず受付で門前払い→彼怒りの交渉のプロセスを経て、他の患者さんたちもたくさんいて。そして、ずっとずっと待っていたのに、ランチタイムにお医者さんたちが休憩をしっかりとられるために(これは本当に、日本のシゴト文化との違いを感じる…)、そのままクリニックの中で、お昼をまたいで午後にお医者さんたちが勤務に戻るまで、朦朧としながら待ち続けていたこともありました……あれも本当につらかった。

あくまでも、上記の例は私のケースです。もしかしたら、もっと患者にやさしいシステムのクリニックが、お医者さんたちが、スタッフさんたちが、いらっしゃるところがあるかもしれません。
ただ思うのは、各専門の科にわかれて、地域でいろいろな場所にクリニックがあるという日本の環境は、恵まれていると改めて思うのでした。人口の少ない地域や、離島での医者不足問題もありますけれども……。

日本のドラッグストアで花粉症の薬を買うとものすごく高いし、その割にお医者さんの処方薬よりも効果が異なったりで、先日彼と一緒に内科に行って、2人分、花粉症の薬を処方していただきました。はい、効きます…!^^


そういえば。このブログのカテゴリを、少し整理しています。
どんな内容の記事をどのカテゴリに入れていくとわかりやすいか、ここを続けていきたいためにも、模索中でございます。


カナダやアメリカで周囲の傾向として多く感じたのですが、やたら「鎮痛剤(pain killer)」で症状を抑えつけるより、原因をきちんとわかった上で症状が改善されるような治療が、私は好きです…。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

迎え火(のようなもの)を焚く

お盆のお話に引き続き,昨日,「迎え火」を焚きました。誰も正しい知識を備えているというわけでもないので,何だか,迎え火のようなもの,になってしまいましたが(^^;

正しくは,玄関口で,皮をはいだ麻の茎(オガラ)を折って積み重ね,火をつけるのが一般的な方法のようです。
しかしこれ,我が家ではチャッカマンで頑張ったのですが,ちっとも燃えてくれなかったのですよ。

玄関口で,ちっとも燃えないオガラを見つめること数分。
私「こんなのでおじいちゃん,帰って来れるの?
父「……おかあ,新聞紙かなんか燃やすもん持ってこいや~!!

かくして,新聞紙に着火したら一気に炎が大きくなりまして。というか,大きくなりすぎまして。

母「あのね,このあとこの迎え火の上を3回,ビョンピョンって跳ぶのよ
父「何だそれ,跳べねぇよ,こんな大きな炎の上!」

またぐこともできないほど,炎はみるみるうちに成長していまして,傍らで母はバケツのスタンバイ。
この火の上をまたぐをいう習慣は,後ほど調べてみたら,宗派や地方にもよるようですが,1年間の無病息災を祈ってのことなのですね。
結局父はどうしたかというと,反復横とびのような感じで迎え火の横を行き来して,あらかた燃え尽きるのを待ちまして。バシャンっと水をかけ……。

私「…ねぇ,こんなんでおじいちゃん,帰ってきたの?
父「知らねぇ,帰ってきたんだろう。……ドアでも開けてみるか。よし。帰っただろう

今は昔と比べ,アパートやマンションが増えたため,こうした迎え火などの伝統も廃れてきてしまっている印象です。しかもうちの場合も,おそらく母の知識(曹洞宗)と父方の祖母の知識(日蓮宗)がごっちゃになってしまっているかと。こうして何というか……文化やいろいろなものって,様々な背景があって,こうして時間の経過と共に淘汰されていくんですねぇ

ちなみに今日は,盆祭棚にそうめんをあげました。その日によってあげるものが異なっているらしく,冥土に帰るためのお土産を買うためのお財布を備える日もあるようですよ。思ったより,亡くなられた方もハードスケジュールのようです。


ランキングに参加しています。宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

お盆って意外と知らない


日本の文化や行事って,本当に随所にいろんな意味があったりして興味深いなぁと,改めて思いました。お盆について私が知っていたことは,ご先祖様のために迎え火と送り火を炊くこと,そして割り箸の刺さったナスとキュウリ。笑。

普段身のまわりに外国人がいると,日本語や日本の文化について訊かれることがよくあります。そして,それに答えられないと,日本人なのにどうして答えられないんだと言われてしまったりします。そんな自分を恥ずかしく思って,できる限りいろんなものに興味を持って知るようにしているのですが,お盆について,今更全然知らないことに気づきました。

たとえば先日,「盆祭棚(精霊棚)」を出しました。我が家では祖父が初めての故人となったので,こういったものも私には初めてです。さすがにうちのおじいちゃんの盆祭棚の写真をここに載せるのは憚られるので(笑),こんな感じのものです,ということで。
ここで私が気になったのは,あのナスとキュウリです。まこもと呼ばれるものの上に置くのですが,いったいあれは何なのか。精霊棚(しょうりょうだな)と呼ばれるくらいですから,名前も「精霊馬(しょうりょううま)」というそうです。ちなみに,キュウリは足の速い「」を意味し,ご先祖様が早く帰ってこれるように,ナスは足の遅い「」を意味し,ご先祖様がゆっくり帰れるように,もしくは場合によっては,お供物を載せて帰れるようにという意味が込められているようです。行きと帰りで,乗り物が違うのですね。

これからお盆のシーズンに入って,これは絶対に訊かれるなと思い,自分でも不思議に思ったので調べてみたのでした。^^ 精霊棚のスタイルも,宗派によっていろいろあるようで興味深いですね。ただ,やっぱりどうしてもこういう類のものは,費用が本当にかかりますね…;;そういう業者やお坊さんが,いいクルマに乗っているのがわかるような気がしました(^^;


ランキングに参加しています。宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテントヘッダー

スーパーはアドベンチャー

今日は,スーパーでびっくり!!part.2 にしようかと思います。今まで海外経験が全然なかった私ですから,カナダではスーパーですら,まさにアドベンチャーだったのです。笑。日本だと,最近ではCostco(コストコ)が人気のようですね。あまり店舗はありませんが,こちらなら日本でも海外のスーパーを体験できると思います。^^

まずは,先日も紹介した同じスーパー(Loblaws)の入り口部分を,ちょっと上から撮った写真をご紹介です。大きさの比較として,真ん中にこっそり私がいます。この日は凄まじい吹雪だったので,お客さんがあまりいなくて,こっそりたくさん撮影してしまいました。カナダは日本と違って国土が広いので,多くのこうしたビルが1階建ての広い面積で建てられています。このスーパーも写真に写っているのはごく一部で,慣れていないと疲れてしまうほど,まだまだ奥行きがあります。

Loblaws1


次の写真は,お野菜や果物のセクション。見たことのない野菜や果物がたくさんありました。そして,何よりセクションが広く,またネットやバッグでまとめ買い用にされているもののサイズもすごい! じゃがいもなど,10キロ分の米袋のようなサイズの袋を想像していただければいいと思うのですが,その中に何十個も入っているのです。

Loblaws2

また,びっくりしたのが,お肉のセクション。日本の普通のスーパーで売られているのと同じようなところ(もちろんビッグサイズで,ターキー丸ごと!なものもありましたが。笑)の他に,お肉類を塊買いするか,その場で欲しいだけスライスしてジップロックに入れて売ってくれるセクションがありました。こんな感じです。

お肉コーナー

お肉の塊たちの写真も載せてみます。主にハム類とか,でしょうか。私の彼はペパロニというものが大好きで,よくこちらで購入しては,自作のピザの上にのせたり,他の料理にも使ったりしていました。

お肉!!

次は,チーズ類,乳製品のコーナーです。ものすごくたくさん種類があって,この棚の裏側にも同様,ぎっしりと様々なものがつまって売られていました。どのくらいの需要があるのか,気になるところです。

チーズがいっぱい

広いピクルス類のセクションもありました。日本で言う漬物,でしょうか。私は苦手なのですが,ハンバーガーやホットドッグに大量にはさんだり,そのまま食べたりもするので,彼には必須です。笑。それもやはり,大きなビンでたくさんの種類が売られています。

ピクルスもいっぱい

本当にいろいろ面白かったのですが,常に気になってしまったのは,賞味期限。こんなにいっぱい種類があって,いったいどれくらいのものが毎日売れていき,また入荷されてくるのだろうか?と。笑。
また,最初うちは見るもの全てが目新しくて新鮮に映ったのですが,実はだんだん彼とスーパーに行くのがしんどくなってきたりしていました。彼はこんなにも巨大なスーパーで,全てのセクションの棚を見てまわるのです;; 私は自分が必要だと思うところだけチェックすればいいと思うのですが……本当に体力がもちませんでした(^^;
日本に帰ってきて,何もかもサイズがとても小さくて寂しい思いをしますが,同時にスーパーもカナダよりは格段に狭いので,彼と買い出しに行く際には,多少はラクになった……?かもしれません。笑。


ランキングに参加しています。宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


コンテントヘッダー

スーパーでびっくり!!

海外のものは何でも大きいというイメージがよくあったりしますが,スーパーに行ってびっくりしたときの写真を見つけたので,載せてみます。お野菜が,すっごく大きいのです!!
こちらは,巨大なピーマンと,巨大なナス。^^

巨大ピーマン!

巨大なナス!

これには本当にびっくりしました。海外のものは何でも大きいって,なるほどな~とか納得したものです。笑。
他にもスーパーには面白いものがたくさんあって,見てまわるのがとても楽しかったです。^^
大きさを極めると,こんなものもありました。なんと,ケチャップがこんな巨大なサイズの缶で普通に売られているのです!!

ケチャップが,なんと缶で!!

あちらの方々の消費量がいかに多いか,察せられますよね。とにかく日本よりも大きなものがたくさんあって,たまに桁違いに大きかったりして,本当にびっくりの連続でした。また何か写真を掘り出したら,載せてみたいなと思います。^^


ランキングに参加しています。宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


コンテントヘッダー

まだあったビックリサイズのもの

モントリオール滞在時の写真ファイルを眺めていたら,まだありました。とてもビッグサイズの食べ物が!! これ,何だと思われますか?

モンスターピザ

正解は,ピザです。ただでさえ大きいピザに,ひっくり返した形でもう1枚上に重ねて焼いてあって,2層構造になっているのです。あまりにもびっくりして,私はモンスターピザと呼んでいました。笑。
ちなみにピザの下にあるのは洗濯機ではありません。電気式のコンロ(4口!)つきのオーブンです。日本ではコンロは2口がだいたい普通かと思いますが,あちらでは4口が普通のスタイル。また,オーブンは調理には欠かせないものなので,サイズもとても大きいです。

もう1枚,お写真を。こちらは飲み物……というか,なんと,バケツ1杯のビールです!!

ビール!!

4人で中世スタイルのレストランバーに行ったときの写真です。こんなに大きなサイズの1杯ですが,お値段はそんなに高くはなく。ただ,私がビールは飲まないので,彼と2人の友達がこのバケツサイズを飲み干しました。さすがに最後のほうは押し付けあっていましたが。笑。

写真の顔を隠すか,やっぱり迷ったのですが,友人に相談したら「別にいーじゃん,もう出しちゃってるんだし」と言われたので,あまり気にせず,公開できるものはする,できないもの(笑)はしない,という従来のスタイルで,当面はいってみようかと思います。

最近,参加しているランキングの順位が上がってきました。本当に嬉しいです。読みに来てくださっている方,応援してくださってる方,ありがとうございます。^^ これからもできる範囲で,ゆっくりですがいろいろなことをご紹介していきたいと思います。^^


ランキングに参加しています。宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


コンテントヘッダー

ケベックならではのファストフード

今日は,ケベックの伝統的ファストフードを紹介したいと思います。"poutine"(プティン)というのですが,百聞は一見にしかずですね。写真をのせてみます。

ラ・バンキースのプティン

私は初めて見たときは絶句しました。笑。存在感も,お約束のボリュームもスゴイのです!!
ベーシックなスタイルは,フライドポテトにチーズをたくさんトッピングして,グレービーソースをかける感じです。上の写真は,La Banquise(ラ・バンキース)というプティン人気店のもので,ペパロニやオニオンの入ったバージョン。この店には本当にさまざまなプティンがあって,私のお気に入りの一つでした。公式サイトでもいくつか写真が見れるようです。^^

また,下の写真は,テイクアウトして車の中で撮ったので,ちょっと暗くてわかりにくいですが,やっぱりプティン。私のいちばんお気に入りだったプティンのお店,モントリオール郊外にあるBenny(メニューが見れます)というところのものです。ここのチキンプティンは,本当に美味しいです。^^ ちょっと見た目がグロテスクですけどね。笑。

Bennyのプティン

そんな感じで,ケベックでは,ファストフードといったら,ハンバーガーももちろんですが,プティンが伝統的に大人気です。他にも美味しいお店はいくつかあって,彼も私も好きなので,滞在中はしょっちゅういろんなところで食べ比べていました。そう,私は初めは全然食べれなかったのに,だんだん食べれるようになってきて,大好きになってしまったのです!!笑。

しかし,ケベックの味を紹介しようと,グレービーソースの素を購入して帰国して,家族のためにつくってみたら,皆ただ絶句と笑いで,全然完食されませんでした。重すぎて,箸が進まないのです。見ているだけでお腹がいっぱいと言われてしまいました(^^; 私も最初はそうだったので,気持ちはよくわかります。でも一度ハマってしまうと,恋しくてたまらなくなるときがあります。
日本に帰ってきて,家族や友達に紹介してみたいケベックの食べ物は,私の場合はこのプティンかもしれません。いつになるかわかりませんが,ソースの素を買ってきて,何かのパーティの折に,日本の友達に紹介してみたいなぁとか,こっそり思っています。^^ 温かくなければいけないので,披露宴パーティのときでは,難しそうですけどね…;;


ランキングに参加しています。宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


コンテントヘッダー

こんなに分厚いクラブサンドウィッチ!!

パーティや食べ物のことを考えながら自分のアルバムを見ていたら,日本人からすればいろいろとショッキングな食べ物の写真が出てきたので,紹介していこうと思います。
まずは,クラブサンドウィッチ。こんなにもチキンが分厚いんです!!

クラブサンドウィッチ

それから,ファストフード店とはちょっと違って,10~12ドル(チップも含めて1500円)くらいする,レストランで食べるハンバーガー

レストランで食べるハンバーガー

彼が手にしているので小さくor普通に見えてしまいますが,ボリュームがものすごいのです。
プレートには,サラダとポテト,そしてハンバーガーが2つに分割された状態でのっています。これを2つ合わせて(すごい厚みになります!),少しぎゅっと自分でプレスして,大きな口でがっつり食べていくのです。
私はいつも2つをそのまま重ね合わせて食べることができなくて,まずトマトやレタスの部分を片付けてから~などといった食べ方をしていました。お値段もするだけあってしっかりしていて,本当に大きいのです。レストランにもよりますが,お味もファストフード店よりもよかったですね^^

次回は,ケベックならではの,もっとびっくりな食べ物(ファストフード)があるので,お写真と一緒にご紹介しようと思います。


ランキングに参加しています。もし宜しかったらクリックしてくださると嬉しいです^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


コンテントヘッダー

結婚式と披露宴における文化の違い part.2

前回は,主にドレスやブーケの値段の違いなどについて書いたのですが,今日は肝心要の披露宴について,日本とはずいぶん違うなぁと思ったことを書こうかと思います。

日本では,結婚式と披露宴が1セットになっているイメージがあります。専門業者に頼んで,敷地内のチャペルで式を挙げて,すべてが準備された披露宴会場に移動して,料理が運ばれてきたり,専門の司会のひとがいたり。
カナダ全土がどうかはわかりませんが,ケベックでは,そんな豪勢な披露宴ではありません。本物の教会で結婚式を挙げた後,場所を完全に移動して,手作り感覚の披露宴(パーティ)を行うのです。

披露宴

こんな感じで,ホテルやレストランでもなく,自分たちでパーティをするために借りられる場所がたくさんあり,セッティングも自分たちで好きなようにあらかじめ行って,最後は皆でキレイに片付けて終了といった感じです。

食べ物なども,バイキング形式で自分たちで用意しておいたり,ケータリングフードを人数分発注しておいたりなど,さまざまな工夫を凝らし,安上がりに楽しめるように企画されます。

披露宴

そんな感じで,結婚式そのものにも,披露宴にも巨額のお金はかかっていないので,日本と違って,ご祝儀の額は本当にほんの気持ちで,ケタ違いに低いのが普通で,むしろ披露宴のパーティはあらかじめ指定された会費制です。なので,呼ばれるほうとしてもとても気が楽でした。

ただし,やはり格式ばった日本式のいわゆる披露宴と違い,あくまでもパーティな感じなので,食事の後は皆でダンスを踊ったり,ロックバンド形式のゲームをやって盛り上がったりなどするので,壁の花にならないように要注意,といったところでしょうか(^^;
コンテントヘッダー

結婚式と披露宴における文化の違い part.1

結婚式と披露宴を含めると,日本ではだいたい300万円前後が相場なのではないでしょうか。これは,本当に物凄い金額です。内訳をみると,ドレス1着のレンタル料が30万円!!ブーケだけで3万円!!etc,びっくりすることばかりです。
カナダの少なくともケベックでは,そんなに費用はかかりません。まず教会の結婚式は,15~30万円前後と聞きました。ドレスについては7~10万円くらいあれば余裕で購入できます。そして友人の結婚式の際に,ブーケが可愛かったのでいろいろと教えてもらったら,なんとそのブーケはお手製で,「1ドルショップのもので3ドルくらいで作れたわ」と言っていました。下が,そのブーケです。

flower.jpg

「日本では,これだけで3万円かかるんだよ~」と教えてあげたら,信じられないとびっくりしていました。ちなみに彼女のドレスは,中世のデザインです。私もいつか,カナダで式を挙げるときには,中世のデザインのドレスを着れたらいいなぁと思っています。^^

披露宴についても,日本とケベックでは本当に大きな違いがありました。また次回に。^^


FC2プロフ
感謝の芽 :)
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
国際恋愛(北米)サイトさま
検索フォーム


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング
ランキングはこちらをクリック!







ホームページ

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。